野菜などの栽培



<あんどん>

野菜の苗を風や害虫から 守りながら育てる(5/5/14)。類似の市販製品もあるが、圃場の周囲の農家ではこの種の「あんどん」が一般的である。

<エンドウとソラマメ>

スナックエンドウと ソラマメ(結実した実を生長させるために生長点を切除)がよく育っている(5/6/14)。

<タマネギ>

追肥の量の問題であろうか今年は少し 生長が悪いが、まずまずのできと思われる(5/6/14)。

<ピーナッツ>

5月16日ピーナッツを9株植えた。 ウサギ防止のネットを張り巡らし、鳥防止に金属製の風車を配した。
<ピーナッツ>

「おおまさり」、その名のとおり でかいのができた(10月11日)。今年はできが悪いと思っていたが、とても満足!

<ケール>

ハウスの中ででかいケールができた (6月15日)。1枚で相当の量になる。

<大豆畑>

6月1日黒豆大豆とみそ大豆、合計 300本移植した。6月15日カメムシが大発生し、ストチュウ(ニンニク、唐辛子、米酢、焼酎混合)などで対策をしている が、はたして成功するか?


<大豆畑>

6月30日現在、黒豆大豆とみそ大豆は、 カメムシが大発生に抗して生長している。景色は実に壮観であり、近隣にその例を見ないものである。楽しみ!


ここから2015年


<カボチャ>

4月20日カボチャの苗を植えた。

<タマネギやニンニク>

4月20日既に立派に 生育している(左タマネギ、右ニンニク)。

<ピーナッツの収穫>

11月7日「おおまさり」 を収穫した。単2乾電池くらいのものもある。

<ケールとイチゴの栽培>

ハウスの中で、 ケールとイチゴが元気に生育している。ケールは自家製のヨーグルトと一緒に食べている(11月7日)。

<イチジクの栽培>

鳥の来襲から保護する ためにネットハウスの中栽培している。背後にあるのはケールなどの栽培をしているハウス(11月7日)。

<タマネギの移植>

鳥の来襲から保護する ために派手なタマネギの圃場となった(11月7日)。



ここから2017年


<カボチャ>

3月27日カボチャの圃場が完成。

<スナップエンンドウ>

今年は大変よく 生育した(5月6日)。

<枝豆と小豆>

5月6日圃場が完成。来月には 植え付けをおこなう。

<タマネギ>

生長がいいので収穫が楽しみ(5月6日)。


<ゆうの里ファームに戻る>